おにぎりを摂取することで感染しやすい病因物質

病原大腸菌

主な原因食品 おにぎり・サラダ及び生野菜
症状 発熱・腹痛・下痢・嘔吐
特徴 ヒトの常在菌
ヒトからヒトに感染する
予防法 食品は低温保存し、十分に加熱調理する
食品を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する

黄色ブドウ球菌

主な原因食品 おにぎり・乳製品・調理パン・生菓子類
症状 吐き気・嘔吐・下痢(嘔吐・下痢により脱水症状を呈する場合もある)
特徴 ケガの化膿部分や、くしゃみなどを介して食品を汚染する菌
予防法 正しい手洗いを徹底する
手をケガしている人は食品を扱わないようにし、食品加工従事者はマスク・手袋を着用する
食品は低温(10℃以下)保存し、調理又は製造後早めに摂取する