TOP > 食品に関するQ&A >

食品に関するQ&A

残留農薬関係

Q1.残留農薬基準や食品添加物基準はどのように設定されるのですか。
A1.食品安全委員会で、食品の安全性の評価がされています。また、残留農薬基準や食品添加物基準の設定は薬事・食品衛生審議会において催奇性・変異原性・毒性・発癌性等の試験データにより人間が一生食べ続けても安全な基準値を定めています。
Q2.残留農薬の国際的な取り決めはあるのですか。
A2.国際的に流通している食品に残留している農薬の安全性に関しては、コーデックス委員会の残留農薬部会で検討されます。これを基本として、食品添加物と同様に国民の安全性を守っていますので、日本もこの活動に積極的に取り組んでいます。
Q3.1日摂取許容量(ADI)とは何ですか。
A3.Acceptable Daily Intake が正式名です。認められるような健康上のリスクを伴わずに、人が生涯にわたり毎日摂取することができる体重1kgあたりの量です。
Q4.マンゴーのポストハーベストについて、日本に輸入されているマンゴーは安全ですか。
A4.わが国では、果物等農産物については農薬の残留基準が食品衛生法で定められています。マンゴーの場合、腐敗や変敗を防ぐ目的であるので、食品添加物として指定されたもののみを使用していますので、市販されているマンゴーは安全です。

↑ページトップへ


食品に関するQ&A