食品衛生研究所は、食品・化粧品・医薬品等に関する微生物、理化学試験検査を行う、厚生労働大臣登録検査機関です。

TOP > 研究所について
研究所について

所在地

印刷用ページ

公益社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所

〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目5番47

TEL:042-789-0211、FAX:042-789-0355

(交通アクセス)
 小田急線町田駅・JR(横浜線)町田駅よりバス15分
 神奈中バス 町田バスセンター3番のりば
  町33、町66 下山崎行 忠生2丁目下車
  町32、町34 小山田桜台行 忠生2丁目下車
 JR(横浜線)古淵駅 下車徒歩25分

目的及び運用

当研究所は、食品等の製造販売にかかわる事業者の方々から、食品の安全確保にかかわる試験検査のご依頼のほか、化粧品、医薬品ならびに健康食品等の成分分析試験について幅広くご依頼を受け、高度な微生物及び理化学的検査手法による試験検査を実施しております。

また、フードチェーン等の食品事業者に対する施設衛生管理についてはコンサルテーションを展開し、改善計画書作成、衛生管理状態の調査および評価、さらには品質・期限表示のご相談等、幅広く皆様のご要望にお応えしております。

試験検査の実施にあたっては、食品及び医薬品等ともに厳しい精度管理基準(GLP、GMP)により遂行し、試験検査をご依頼される皆様への迅速かつ精確な検査結果の提供をモットーに、日頃から検査機関としての質的向上に努めております。また、試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC 17025の認定を栄養成分(水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分、ナトリウム(食塩相当量)、熱量)、容器包装(カドミウム・鉛)、食品(細菌数(生菌数)、大腸菌群、E.coli、真菌)の範囲で取得しております。

沿革

食品衛生研究所

昭和22年に制定された食品衛生法において「飲食に起因する衛生上の危害発生を防止し、公衆衛生の向上及び増進に寄与する」という目的を達成するため、昭和23年に設立されました。現在、全国に59支部約700支所が設置され、日頃から、地域に根ざした、食品衛生管理の指導や啓発の活動を行っております。

また、当協会食品衛生研究所は、昭和43年に設置され、食品事業者等の自主検査の支援業務を担ってきました。昭和47年には、法改正において、指定検査機関制度(行政検査の一部を担う指定機関)が設けられ、当研究所も厚生大臣による指定検査機関として試験検査業務を実施してまいりました。

平成4年には、静岡県焼津市に新しく研究所を新設し、およそ12年間、当該近隣地域の食品事業者等をはじめ輸入食品検査を中心とした試験検査を行ってまいりました。

平成16年には東京都町田市に研究所を移転し、新しい組織と体制の下に、現在は、食品衛生法、薬事法に基づく厚生労働大臣による登録検査機関として、GLPならびにGMP基準に沿って、食品、医薬品、化粧品等の微生物学的検査及び理化学的検査を中心に、健康食品の栄養成分等の検査、有害物質の検査、施設衛生調査、簡易専用水道施設検査等、多種多様な試験検査業務を行っております。