食品衛生研究所は、食品・化粧品・医薬品等に関する微生物、理化学試験検査を行う、厚生労働大臣登録検査機関です。

TOP > 食品の技能比較試験 > 厚生労働科学研究で実施するヒスタミン分析技能試験

厚生労働科学研究で実施するヒスタミン分析技能試験

食品衛生関係者の皆様

いつもお世話になっております。

2017年度から実施されている「食品衛生検査を実施する試験所における品質保証システムに関する研究」(研究代表者:渡辺卓穂)の課題である「新規技能試験プログラムの開発及び統計学的評価に関する研究」(分担研究者:松田りえ子)において、下記の通りヒスタミン技能試験のパイロットスタディを実施いたします。パイロットスタディではありますが、本格的な技能試験と同様に国際規格であるISO17043に則って実施しており、申込窓口は、日本食品衛生協会が行います。

国立医薬品食品衛生研究所安全情報部客員研究員
松田りえ子

  • 試験項目    : ヒスタミン濃度
  • 試料       : 魚肉加工品(缶詰)2種
  • 分析法      : 通常実施している方法(試験キットを含む)
  • 分析回数    : 各試料1回
  • 申込〆切    : 7月31日(水)
  • 試料配付時期 : 8月20日(火)
  • 報告期限    : 9月20日(金)
  • 参加費      : 無料

以上

参加を希望される方は、下記アドレスまで参加申込書を電子メールでお送りください。

連絡アドレス  ginou@jfha.or.jp (厚労科研による技能試験担当宛)
  件名は【ヒスタミン技能試験参加申込】としてください。

申込書      参加申込書(Excel版)をご利用ください。

なお、厚労科研で実施する微生物(一般生菌数)技能試験パイロットスタディの募集は10月を予定しております。