食品衛生研究所では、簡易専用水道に関する検査を行っています。

TOP > 試験検査項目 > 簡易専用水道検査

簡易専用水道検査

簡易専用水道とは

水道法(第34条の2)で次のとおり規定されています。
  1. 簡易専用水道の設置者は、厚生労働省令で定める基準に従い、その水道を管理しなければならない。
  2. 簡易専用水道の設置者は、当該簡易専用水道の管理について、厚生労働省令の定めるところにより、定期に地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた者の検査を受けなければならない。
ページ上部に戻る

簡易専用水道検査とは

毎年1回、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に依頼し、受ける検査(法定検査)(水道法第34条の2第2項)主な検査内容は次のとおりです。

簡易専用水道検査
  • 水槽等の外観検査
    水槽等の点検や、その周辺の状況についての検査
  • 書類検査
    設備等の関係図面、水槽の清掃記録、日常の点検・整備の記録等の検査
  • 水質のチェック
    (水道法における飲料水検査とは異なります)

    給水栓における水の臭気、味、色、色度、濁度及び残留塩素の検査
ページ上部に戻る

簡易専用水道の衛生管理の重要性

検査を受けるには

厚生労働大臣登録検査機関である公益社団法人日本食品衛生協会 食品衛生研究所では以下のとおり検査の申込みを受け付けております。

  • 1.検査の申込み   
     簡易専用水道検査依頼書(ダウンロード)に必要事項を記入のうえ、メール、FAXまたは郵送にてご依頼ください。検査日時等は依頼者と打合せのうえ決定いたします。   
     なお、当研究所が検査を行える地域は以下のとおりです。  
    千葉県、東京都(島しょ部を除く。)及び神奈川県

    新規依頼の方はこちらも依頼書と併せて送付してください。

    2.検査手数料
    1施設あたり18,000円(消費税別)

    次のような場合の検査料金につきましては、別途ご相談ください。

    (1) 一日に同一地域内において複数の施設を検査することができ、移動時間の短縮を図ることができると考えられる場合

    (2) 複数の施設検査をご依頼いただき、書類検査等の時間の短縮を図ることができると考えられる場合

    (3) 複数の施設検査をご依頼いただき、移動時間及び書類検査等の時間の短縮を図ることができると考えられる場合

    (4) その他、上記(1)、(2)及び(3)と同等と考えられる場合

ご依頼・お問い合わせ先
公益社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所 検査事業部管理課 簡易専用水道検査担当
〒194-0035 東京都町田市忠生2-5-47
電話:042-789-0212(直通)  FAX:042-789-0358
メールアドレス:kansensui@jfha.or.jp