食品衛生研究所では、油脂の劣化を評価する酸価、過酸化物価に関する試験・検査を行っています。

TOP > 試験検査項目 > 食品中のアクリルアミド試験のご案内

食品中のアクリルアミド試験のご案内

アクリルアミドは、神経毒性や発がん性が指摘される物質であり、食品中では主に、アミノ酸の一種であるアスパラギンとブドウ糖などの還元糖とが、揚げる、焼く、あぶるなどの120℃以上の加熱により化学反応を起こすことで生成されるといわれています。

ポテトチップス、フライドポテトなど、じゃがいもを揚げたスナックや料理、ビスケット、クッキーのように穀類を原材料とする焼き菓子のほか、コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦のように、高温で焙煎した食品にもアクリルアミドが含まれていることが報告されています。

 農林水産省より、事業者向けに「食品中のアクリルアミドを低減するための指針」が作成されるなど、食品中のアクリルアミドの低減が必要と考えられています。

当研究所では食品中のアクリルアミド試験を下記のとおり受託しております。

アクリルアミド試験
試験検査費用 18,000(税抜)
※食協会員は、上記価格より1割引きとなります。
検体必要量 100g

納期につきましてはお問い合わせください

参考リンク