食品衛生研究所では、一般消費者向け加工食品等で義務付けられた栄養成分表示に関する検査・分析を行っています。

TOP > 試験検査項目 > 食品中の放射性物質検査

「食品中の放射性物質検査」のご案内

平成24年4月1日から適用された食品中の放射性物質の規格基準に対応した検査を実施しております。

厚生労働省指定の「食品中の放射性セシウム検査法」(ゲルマニウム半導体検出器ガンマ線スペクトロメトリーによる)に従い、信頼性の高い検査を提供いたします。

>> 食品の放射性物質汚染について (PDF形式:154KB) PDF

>> 食品の放射性物質の新基準 (PDF形式:200KB) PDF

 試験対象品 食品、乳児用食品、牛乳、飲料水など
 検体必要量 2L以上(密充てん状態)  
※液体は2L 目安として水に沈む食品は3kg、水に浮く食品は2kg
※検体が2L未満の場合、また検出限界が1Bq/kg以下の検査にも対応しておりますので、お問い合わせ下さい
 試験項目 セシウム134(134Cs)及びセシウム137(137Cs)
(ご希望によりヨウ素131(131I)を報告いたします)
 検出限界 1〜10Bq/kg 
 試験方法 ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
(厚生労働省通知「食品中の放射性セシウム検査法」平成24年3月15日)
検体送付先
(依頼書同封)
〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目5番47
公益社団法人日本食品衛生協会 
食品衛生研究所検査事業部 

>> こちらのページから依頼書をプリントできます

※試験検査依頼書とともにお持込または宅配便にてお送りください

※受託状況により受付日を調整させていただくことがございますので、送付時には事前にご連絡をお願いいたします
試験後の検体 試験後、返却させていただきます (返却費用は当協会にて負担)