食品衛生研究所は、食品・化粧品・医薬品等に関する微生物、理化学試験検査を行う、厚生労働大臣登録検査機関です。

TOP > 食品微生物検査、異臭分析、異物混入防止対策講習会開催案内

食品微生物検査、異臭分析、異物混入防止対策講習会開催案内

当研究所では、これまで厚生労働大臣登録検査機関として受託検査業務を行ってまいりましたが、食品の検査や品質管理等の業務に携わる方々への知識、技術の向上を支援する業務として、100名収容可能な微生物・理化学検査の技術研修室を新設(平成25年9月)し、実習を伴う各種セミナーを開催しております。

このたび、どなたでも参加可能な食品微生物検査、異臭分析、異物混入防止対策講習会の3つのエントリーコースを企画いたしました。

新入職員の外部研修や、検査や品質管理に携わる方々の知識や技術向上にお役立ていただける内容となっております。皆さまのご参加をお待ちしております。

異臭分析講習会(基礎編)

本研修では、大和製罐(株)にご協力をいただき、「食品の異臭」に関する基本的な知識を解説するとともに、実際のサンプル等を用い「異臭」の原因物質の官能および判定技術についても体験いただけるカリキュラムとなっております。

主  催 公益社団法人日本食品衛生協会 食品衛生研究所
開催日時 平成26年3月24日(月)10:00〜17:00 
開催場所 (公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 技術研修室
東京都町田市忠生2-5-47
小田急・JR町田駅よりバス20分(当協会ホームページ参照
定  員 50名(定員になり次第締め切らせていただきます)
受 講 料 一  般 26,250円
食協・特別会員 21,000円
(いずれも消費税および昼食代を含みます)
締 切 日
※定員に達しましたので、お申し込みは締め切りました。
※受講申込書到着後、参加証をメールにて送付いたします。
受講料は3月19日(水)までに申込書に記載の口座へご入金いただきますようお願いいたします。

主なカリキュラム

  1. 講義:異臭とは何か?
    クレームに対応するには何が必要なのか?
  2. 演習:実際の異臭を体験しよう!  
  3. 講義:今までの異臭分析の依頼から  
  4. 質疑応答

問合せ先

(公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 検査事業部管理課
TEL 042-789-0212 FAX 042-789-0358 E-Mail kenshu@jfha.or.jp
ページ上部に戻る

食品微生物検査実習(基礎2日間コース)

本研修では、食品微生物の基礎についての講義に加え、スリーエム ヘルスケア(株)と東京サラヤ(株)にご協力をいただき、食品衛生法に定められた公定検査法と、AOAC(Association of Official Analytical Chemists)よりOMA(Official Method of Analysis)承認を得ている簡易検査法の実習など、現場で役立つカリキュラムを用意しております。

主  催 公益社団法人日本食品衛生協会 食品衛生研究所
開催日時 平成26年3月27日(木)〜28日(金)
開催場所 (公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 技術研修室
東京都町田市忠生2-5-47
小田急・JR町田駅よりバス20分(当協会ホームページ参照
定  員 25名(定員になり次第締め切らせていただきます)
受 講 料 一  般 31,500円
食協・特別会員 25,200円
(いずれも消費税および2日間の昼食代を含みます)
締 切 日
※定員に達しましたので、お申し込みは締め切りました。
※受講申込書到着後、参加証をメールにて送付いたします。
受講料は3月24日(月)までに申込書に記載の口座へご入金いただきますようお願いいたします。

主なカリキュラム

3月27日(10:00〜17:00) 3月28日(10:00〜16:20)
1.講義:微生物の基礎 1.実習:培養結果の判定、解説
2.講義:微生物検査の概略 2.実習:微生物同定の基礎
  (グラム染色・カタラーゼ反応)
3.実習:公定検査法
  (生菌数・大腸菌群数・E.coli・黄色ブドウ球菌)
3.実習:洗浄殺菌方法
4.実習:簡易検査法
  (生菌数・大腸菌群数・E.coli・黄色ブドウ球菌)
4.総合討論・まとめ

問合せ先

(公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 検査事業部管理課
TEL 042-789-0212 FAX 042-789-0358 E-Mail kenshu@jfha.or.jp
ページ上部に戻る

食品製造の現場における異物混入防止対策講習会(基礎編)

本研修では、イカリ消毒(株)にご協力をいただき、異物混入対策の全体像を演習、実習を交えた現場に役立つ、実践的なカリキュラムを用意いたしました。品質管理の経験が少ない方にも理解しやすい平易な内容としています。異物混入対策の基礎編、入門編としてご活用いただけます。

主  催 公益社団法人日本食品衛生協会 食品衛生研究所
開催日時 平成26年4月15日(火)10:00〜17:00
開催場所 (公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 技術研修室
東京都町田市忠生2-5-47
小田急・JR町田駅よりバス20分(当協会ホームページ参照
定  員 25名(定員になり次第締め切らせていただきます)
受 講 料 一  般 27,000円
食協・特別会員 21,600円
(いずれも消費税および昼食代を含みます)
締 切 日
※定員に達しましたので、お申し込みは締め切りました。
※受講申込書到着後、参加証をメールにて送付いたします。
受講料は4月10日(木)までに申込書に記載の口座へご入金いただきますようお願いいたします。

主なカリキュラム

  1. 講義:異物混入事故における予防策の重要性
  2. 実習:混入異物の簡易鑑定(顕微鏡を用いて)  
  3. 演習:現場点検のポイントの整理と改善プランの策定  
  4. 講義:クレーム対応と再発防止の考え方
  5. 質疑応答

問合せ先

(公社)日本食品衛生協会 食品衛生研究所 検査事業部管理課
TEL 042-789-0212 FAX 042-789-0358 E-Mail kenshu@jfha.or.jp