サラダ及び生野菜を摂取することで感染しやすい病因物質

カンピロバクター

主な原因食品 サラダ及び生野菜・食肉(特に鶏肉)及びその加工品・未殺菌の井戸水
症状 頭痛・倦怠感・発熱の後に腹痛・激しい下痢・嘔吐を引き起こす
特徴 人畜共通感染菌
ブタ、ニワトリ、ネコ、イヌ、鳥類、ネズミ等動物の腸内常在菌
予防法 生肉は肉汁が出なくなるまでしっかり加熱する
生肉を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する
井戸水は煮沸又は殺菌して使用する
ペット等の動物の糞を扱った後は、よく手を洗浄する

病原大腸菌

主な原因食品 サラダ及び生野菜・おにぎり
症状 発熱・腹痛・下痢・嘔吐
特徴 ヒトの常在菌
ヒトからヒトに感染する
予防法 食品は低温保存し、十分に加熱調理する
食品を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する

腸管出血性大腸菌

主な原因食品 サラダ及び生野菜・未殺菌の井戸水
症状 腹痛・水様性の下痢(後に出血性となる)
特徴 O157が代表的な出血性の下痢を引き起こす菌
ヒトからヒトに感染する
熱に弱い
予防法 食品の不衛生な取り扱いをしない
十分に加熱調理する
食品を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する
井戸水は煮沸又は殺菌して使用する

エルシニア

主な原因食品 サラダ及び生野菜・食肉(特に豚肉)及びその加工品・未殺菌の井戸水
症状 腹痛・下痢・発熱
特徴 熱に弱く、65℃以上の熱で容易に死滅する。
予防法 十分に加熱調理する
食肉を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する
10℃付近ではよく増殖するので、冷蔵庫内での長期保存は避け、その場合は冷凍にする

リステリア

主な原因食品 サラダ及び生野菜・食肉及びその加工品・乳・乳製品・ソフト及びセミソフトチーズ・魚介類
症状 38℃~39℃の発熱・頭痛・嘔吐(健康な成人では無症状のまま経過することが多い)
特徴 人畜共通感染症菌
調理済みで低温保存する食品を媒体とする 63℃、30分の加熱で死滅する
予防法 食肉はよく加熱し、野菜はよく洗う
加熱していない肉を盛った皿をそのまま使用しない
食肉を扱う前後に手指をよく洗い、又扱った後には調理道具をよく洗うことで二次汚染を防止する